映画

狂喜乱舞のパーティーシーンがスゴい!映画『BABYLON』

2023年2月18日

※アフィリエイト広告を利用しています。

毎日お疲れ様です!yolicoです。

2月10日に公開されました映画『BABYLON』を観てきました。

1920年代のハリウッドを舞台に、激動の映画業界に翻弄された人々が描かれていました。

三人の男女の出逢い

1920年代のハリウッド。夜な夜な行われている派手なパーティーで出逢ったサイレント映画の大スター、ジャック(ブラッド・ピット)と駆け出しの女優ネリー(マーゴット・ロビー)、映画業界で働くことを夢見るマニー(ディエゴ・カルバ)。

いたるところで男女が絡み合ってるようなパーティーでも、ネリーは奔放な魅力を放ちます。

とある出来事がきっかけでネリーは映画の出演というラッキーを手に入れることに。

一方、映画監督に「仕事をください」と直訴するメキシコ出身のマニーは「身の程を知れ!」と一蹴されてしまいますが、大スターのジャックに気に入られ、彼に請われて映画の撮影に付き添うことになるのでした。

激動の時代の映画界に翻弄される三人

監督の無茶な注文にも難なく応えて、女優としての地位を築くネリー。

マニーもまた、監督のはちゃめちゃな指示を何とかこなし、映画業界に居場所を見つけることに成功。

ですが、順調に動いていくように見えた若い二人や、大スターの地位を確立しているジャックも、サイレント映画からトーキーへと移り変わる映画界の大きな波に巻き込まれていきます。

映画撮影ってホントに大変なんですね

「昔って(ほぼ100年前)こんな感じで映画って撮影されてたのか...」と感嘆半分、失笑半分。

「ギャグなのかな?」と思ってしまいましたが、本当なのでしょうね。

いい映画を撮るためには何でもあり?

映画人の方々の深い映画愛を感じますね。デイミアン・チャゼル監督の映画愛も。

「ラ・ラ・ランド」でアカデミー賞監督賞を受賞したチャゼル監督は、学生時代にジャズドラムに打ち込んでいたそうで、その影響と言えると思いますが音楽がとても素敵です。

今作品でも、トランペット奏者シドニー・パーマー(ジョヴァン・アデポ)の演奏シーンはどれも素晴らしいし、パーティーで妖艶に歌うレディ・フェイ・ジュー(リー・ジュン・リー)の世界観にうっとりしました。

ところどころで流れるバックミュージックには「ラ・ラ・ランド」を思い出させる旋律があったり。

終盤で待っているハラハラドキドキ

ネリーがギャンブルで作った借金をマニーが裏社会のボスに返しにいくシーンは、冒頭のパーティー同様、刺激が強すぎ。

ある事実が判明してからは「生きて帰れるの?!」と手に汗握ること請け合いです。

無邪気で不気味な裏社会のボスは映画【スパイダーマン】のトビー・マグワイアが演じています。

出逢った時からネリーに恋心を抱くマニー。

終盤、思いの丈を何度も言います。「Ti amo」と。

顔を寄せて踊る二人をカメラ越しに観るシーンはとても美しく、幸せに満ちて見えました。

189分の小旅行、ぜひお楽しみください!

-映画
-