映画

「こうする!」と決めると絶対叶うんですね…映画『ミセス・ハリス、パリへ行く』

※アフィリエイト広告を利用しています。

毎日お疲れ様です! yolicoです。

2022年公開の映画をAmazon Prime Video で鑑賞。

パリにもオートクチュールにも、さほど思い入れ無く観ましたが、とても素敵な映画でした!

夫を戦争で亡くした家政婦のハリス、彼女はクリスチャンディオールのドレスの美しさに魅せられてパリへ向かう。

しかし、ディオール本店の威圧的なマネージャーから追い出されそうになるが、ハリスは夢をあきらめきれない。

ハリスの冒険は周りの人たちを巻き込んで、すてきな奇跡を起こす!

Amazon Prime Video より引用

ディオールのドレスに魅せられて…

1950年代の第二次世界大戦後のロンドンに住むミセス・ハリス(レスリー・マンビル)。

夫を戦争で亡くし、家政婦として働く彼女は、働き先でディオールのドレスに出会います。

その瞬間の、彼女のウットリした表情に、思わずこちらまでウットリです。

ミセス・ハリスはお金を貯めて、パリのディオール本店にドレスを買いに行くことを決意。

そして、コツコツと貯めたお金をもっと増やそうと、ドッグレースへ。

前評判の良くない「オートクチュール」という犬に、運命を感じて100ポンドも投じます。

予想通り「オートクチュール」はビリ。100ポンドは水の泡に。

失意のどん底に陥るミセス・ハリスですが、予想していなかった謝金が舞い込んだり、ドッグレースの掛け金が戻ったり。

資金を用意することができ、パリへと向かうのでした。

人とのいい出会いもあれば、不運な出来事もある

パリに到着してからのミセス・ハリスは、そのチャーミングな人間性で降りかかる困難を乗り越えていきます。

ディオール本店のマネージャーや、意地悪なディオールの顧客に嫌な思いをさせられますが、彼女の誠実な人柄に心動かされ、味方となってくれる人がたくさん現れます。

運がいい人というのは人間関係に恵まれているといいますが、確かにその通りです。

そんなミセス・ハリスにもアンラッキーな出来事は起こります。

いざドレスの採寸に漕ぎ着けても、ちょっとしたトラブルがあり採寸中断となってしまったり…

ドレスが出来上がり、ロンドンに帰ってきてからのドレスのたどる道は悲しすぎたり…

一時は友人が、彼女の生死を気にかけるほど落ち込むミセス・ハリス。

ですが、ディオールの粋な計らいで、思ってもみなかったものを手にいれるのでした。

願いの叶え方を教えてくれるミセス・ハリス

夢を叶えたミセス・ハリス。「映画の中のおとぎ話」と言ってしまえばそうかもしれません。

ですが、彼女の強い想いがちゃんと叶っていくさまは、「願えば叶う」引き寄せの法則やん!と感嘆です。

「そんな大金、私には無理…」とか「そんな高価なドレス、買ってどうするの?」などとは1ミリも思わずに、「ただパリに行きたいからお金を貯める」「私が欲しいから、美しいドレスを買う」という気持ちで行動するミセス・ハリス。

これぞ、願いを叶える姿勢!と教えられたのでした。

なかなか難しいけど、見習いたい。ミセス・ハリスのように自分の気持ちに忠実に生きていきたいですね。

労働者のストライキで街はゴミが散乱していますが、パリの街並みはやはり素敵です。

ディオール本店での、顧客に向けてのファッションショーは、ファッションにさほど興味がなくてもウットリします。

ミセス・ハリスのお洋服もキュートでした。

夢を諦めずに体現していく116分の小旅行、ぜひお楽しみください!

プライムビデオ登録はこちら

-映画
-