映画

ハイブランドの服とハイヒールが戦闘着!映画『プラダをきた悪魔』

※アフィリエイト広告を利用しています。

毎日お疲れ様です! yolicoです。

今日はAmazon Prime Video で『プラダを着た悪魔』を鑑賞。

ファッション雑誌の編集室を舞台にした、アン・ハサウェイ主演の映画です。

恋に仕事にがんばるあなたへ贈るゴージャス&ユーモラスなサクセスストーリー。

ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性が憧れる仕事を手にしてしまった!

それは一流ファッション誌”RUNWAY”のカリスマ編集長ミランダのアシスタント。

しかし、それは何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった!

悪魔的にハイレベルな要求と鳴り続けるケイタイ、「センス、ゼロ‼︎」と酷評され、私生活はめちゃめちゃ。

このままでいいの? 私って、本当は何をしたいんだっけ?

Amazon Prime Video より引用

アン・ハサウェイがとにかく可愛い!そしてメリル・ストリープの存在感! 

ジャーナリストを目指してニューヨークにやって来たアンディ(アン・ハサウェイ)。

一流ファッション誌”ランウェイ”編集部の面接を受け、壊滅的なファッションセンスながらも、何とか採用へ。

ですが、それは地獄のような日々の始まりでした。

カリスマ編集長ミランダ(メリル・ストリープ)からの容赦ない要望・理不尽な指示が次から次に飛んできます。

ナイジェル(スタンリー・トゥッチ)の力を借りて、どんどんファッショナブルになっていき、徐々に仕事もこなせるようになるアンディ。

ミランダの信頼を得られるようになっていきますが、私生活はメチャクチャになっていくのでした。

”ランウェイ”編集部、マジでブラックです(笑) 編集長ミランダの要求が鬼です(泣)

ですが、そこで働くことがファッション大好き女子の憧れ、ステイタス。

第一アシスタントのエミリー(エミリー・ブラント)も、ミランダに同行してパリコレに行くことを夢見て、日々鬼上司に仕えています。

オートクチュールを着るためのダイエットに精を出しながら…

ファッション大好き女子でもないアンディですが、ミランダの信頼を取り戻すためオシャレの道へ。

ダサダサのアンディが超キラキラ女子へと、まるで蝶のように変身します。

これは見どころの一つですね。本当にキラッキラです。アン・ハサウェイとてもキュートです。

そこまでオシャレに身を捧げないとダメなの?と思いますが、「郷に入れば郷に従え」ということでしょうか。

世の流行を作り出してるカリスマ編集長ミランダが、いくら仕事ができてもダサダサだと「ちょっとどうなの?」ってなりますもんね。

そして、そのカリスマ編集長ミランダ役のメリル・ストリープが、何と言っても適役です。

横暴で、才能があって、冷徹で、高圧的で… パワハラ上司認定ですが、とてもハマり役でした。

この作品で、ご自身14回目のアカデミー賞助演女優賞にノミネートされています。

キラキラなファッション界でのお仕事ムービー

ニューヨークを舞台にファッション業界で働く女性たち…

おしゃれで洗礼された洋服とハイヒールが戦闘服。活気があってイケてるニューヨークの街並み…

監督はテレビシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」のデビッド・フランケル。

あの世界観がお好みの方は、きっと好きになる今作品ではないでしょうか。

わたし的には、作家役のクリスチャン(サイモン・ベイカー)の存在がニューヨークっぽかったです。

ニューヨークに行ったことのない私が言うのもナンですが…

徐々にファッション界の仕事に面白さを覚え、ミランダのアシスタントも板についてくるアンディ。

ジャーナリストの夢はどうなるのか。「アンディのこれから」を確かめてみてください。

ハイブランドの衣装に彩られた、美しい女性たちのお仕事を垣間見る110分の小旅行、お楽しみください!

プライムビデオ登録はこちら

-映画
-,