映画

迫力あふれる歌とダンス!映画『シカゴ』

※アフィリエイト広告を利用しています。

毎日お疲れ様です! yolicoです。

ブロードウェイミュージカルとしても有名な『シカゴ』。

今日はロブ・マーシャル監督の映画『シカゴ』を紹介します。

あらすじ

1920年代のシカゴ。

ロキシー・ハート(レネー・ゼルウィガー)は、地元で人気のケリーシスターズが出演するナイトクラブで、舞台に熱い視線を送る。

いつか自分もあの舞台に立って、歌って踊るのを夢見ている。

「スターにしてあげる」というフレッド・ケイスリー( ドミニク・ウェスト)を信じて浮気をするが、それが嘘だとわかると激怒し彼を射殺。

クック刑務所に送られたロキシーは、そこであの憧れのケリーシスターズの姉ヴェルマ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)と遭遇するのだった。

ヴェルマは、ベッドを共にしている自分の妹と夫を殺害した罪で収容されていた。

ヴェルマが雇っていた敏腕弁護士ビリー・フリン(リチャード・ギア)を、夫の手助けもあり雇うことができたロキシー。

果たして無罪を勝ち取り、スポットライトを浴びる女優として有名になることができるのか…

キャサリン姐さん、圧巻の歌と踊りです!

ブロードウェイで公開されていた舞台「シカゴ」をロブ・マーシャルがメガホンを取り映画化。

第75回アカデミー賞で、作品賞・助演女優賞(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)を始めとした6部門を受賞しています。

アメリカ映画で、ミュージカル映画はヒット作に恵まれていなかった時代に、その状況を覆した作品と評価されています。

のっけからのヴェルマが熱唱する「All That Jazz」は退廃的なムードからの迫力たっぷりなエンディングへと、見ごたえあり!です。

キャサリン・ゼタ=ジョーンズはもともと舞台で活躍していた女優さんということで、歌と踊りが素晴らしいです。

獄中で、ロキシーに「コンビを組もう」と誘う時に歌う「I Can't Do It Alone」はコミカルな魅力もたっぷり。

アカデミー賞助演女優賞も頷けます。

そんなキャサリン姐さんに比べて、ちょっと線が細いかなぁ…というイメージのレネー・ゼルウィガー。とてもキレイなんですけどね。

そしてリチャード・ギアも芸達者なんですが、全部キャサリン姐さんに持っていかれちゃった感じです。

売れるためなら何でもする! 野望でギラギラな女優たち

獄中で、他の女性受刑者がなぜ収監されたのか?を繰り広げるナンバー「Cell Block Tango」がカッコイイですね。

人種もさまざまな女性受刑者たちが明かす、自分の犯した罪。なかには無実なのに収監されている女性もいたりして、まさに人生いろいろ。

そして贈収賄に手を染める看守や、無実を勝ち取るために勝手にシナリオを作って事実をねつ造する弁護士。

もう皆んなやりたい放題です。

そういうことがまかり通った時代なんですね〜

知り合ってからずっと、どちらかが歩み寄っても片方が拒絶するということを繰り返してきたロキシーとヴェルマ。

出所してからパッとせず苦労していた二人は、ようやく手を組むことを決めます。

「2人の殺人者」として、ヴォードヴィルの舞台で機関銃を打ちまくる二人。

観客からはスタンディング・オベーションを受けて、大人気を博するのでした。

どこまでもしたたかな女優の姿に脱帽です。

ステキな音楽と、歌とダンスをただただ楽しむ、1920代のシカゴへの113分の小旅行をお楽しみください!

-映画
-, , ,