映画

神々しくも不気味な空気感…映画『TAR/ター』

※アフィリエイト広告を利用しています。

毎日お疲れ様です! yolicoです。

5/12に劇場公開となった『TAR/ター』を観てきました。

ケイト・ブランシェットはこの映画で、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされていました。

受賞は逃しましたが、映画に対する期待は膨らんでおりました。

ケイト・ブランシェット…今年50歳だそうです。

代表作もたくさんある、そしてどんな役もこなす名優です。

過去に7度オスカーにノミネートされており、2度受賞。

演じるのは天才指揮者、そして今回の演技はキャリアベスト級と称賛されている…という程度の予備知識で鑑賞しましたが、想像の斜め上をいくサイコスリラーでした。

リディア・ター(ケイト・ブランシェット)という、物凄い経歴・才能を持った天才指揮者が音楽界の頂点に上り詰め、そして徐々に彼女を取り巻く世界が狂っていくお話です。

指揮者として、前人未到のキャリアを積み上げていっているリディア。

まさにノリにノッているのですが、かつて指導した若手女性指揮者が自殺したことをきっかけに彼女の人生の歯車が徐々に狂い始めます。

リディアは楽団のコンサートマスターでもあるシャロン(ニーナ・ホス)と同居し、養女を一緒に育てていますが、そのパートナーの持病の飲み薬を無断で自分の出張に持って行ったり、自分の思惑で周りの人を配置したり、飛ばしたりと自己中心な感じ。

若手女性指揮者の自殺に関しても、自分に都合が悪くなるようなメールを削除し、アシスタントのフランチェスカ(ノエミ・メルラン)にも同様に指示。

パートナーがいるのに、若いチェロ奏者オルガ(ソフィー・カウアー)にスケベ心を持ってみたり。

今の常任指揮者の地位を得るのに、コンサートマスターであるパートナーからアドバイスをもらったりしていたというのに。(しかもベッドの中で)

逆に人間味に溢れた人のような気もしてきますが…

自身の新曲の生みの苦しみ、ライブ録音して発売予定のマーラーの交響曲第5番はまだまだ求める水準に辿り着かない焦り。

様々なストレスからか、妙な音が聞こえるようになってきたり…

自分勝手に振る舞うことが許されていた場所が、どんどん崩れていく。

そして築き上げたキャリアをぶち壊すような事を起こし、全てを失い、新天地での再起を狙うリディア。

通常は映画が終わってから流れるエンドロールが、この映画では最初に流れます。

映画のラストシーンの余韻そのまま、映画は終了です。

そして、この映画のラストは捉え方が人それぞれのようで…

公式サイトに「この映画のラスト、どう見た?」というアンケートがあり、

『HAPPYエンド』と答えた人が32%

『BADエンド』と答えた人が50%

『どちらでもない』と答えた人が18%となっていました。

そして、いろいろな人からの様々なコメントが載っています。

「映画をどのように解釈するかについての権利は、観客にあると私は考えている」と監督・脚本・制作のトッド・フィールドは話しています。

どんな感想を持つのか、どんな解釈に至るのか…

ぜひ鑑賞して確かめてみてください。

リディアが舞台に上がる前の舞台袖で見せる仕草、表情がとても印象的でした。

159分の小旅行、お楽しみください!

-映画
-,