映画

母親も子供も皆それぞれの想い…映画『パリの家族たち』

※アフィリエイト広告を利用しています。

毎日お疲れ様です! yolicoです。

Amazon Prime Video で『パリの家族たち』を鑑賞。

全く存在を知らなかった映画ですが、良い映画でした。

女性大統領、ジャーナリスト、舞台女優、花屋、ベビーシッター、大学教授、小児科医。

恋もしたい、仕事もしたい、家族との時間も大切にしたい!

パリで働く女たちとその家族の”幸せ探し”。

フランス流の人生観を描く、きっとあなたも大切な家族に会いたくなる感動作!

Amazon Prime Video より引用

いろんな母親、いろんな娘や息子。親子関係はさまざま…

女性大統領アンヌは育児真っ只中で、職務と母親業の両立に葛藤がある。

シングルマザーでジャーナリストのダフネは、反抗期の娘と何かと対立している。

大学教授のナタリーは独身で、自身の教え子と恋愛中。でも彼氏の友人達としっくり来ず、母親は徘徊することが増え…

舞台女優のアリアンは親離れできない息子との関係に悩んでいて。

さまざまな人たちの、母との関係・母への想いが見えてきます。

多様化する家族の形が描かれ、皆それぞれの幸せを探している…

パリで働く女性たちとその家族の姿が、じんわりと心に響く作品です。

苦痛を感じることもある、”母親”という立場

子供を産むと自動的に母親になれるのかというと、物理的にはそうでも心情的にはそうではないのかも。

「子供は可愛い、けど自分のキャリアが大事」という女性もいれば、「母親のことは好きだけど、幼少期の母との関係にわだかまりがある」という人もいて...

10組の親子がいれば、10通りの親子関係があるのでしょう。

それを踏まえれば負の感情も、「そんな気持ちもあるよね」と受け入れられるような…

監督曰く「母親は権力がありすぎる」そうで、確かに幼少期は母親の価値観の中で育ちますよね。

日本より自由そうなフランスの女性でも、母と子の関係には頭を悩ますんだな、と感じたり。

まとめ

『パリの家族たち』というタイトルですが、主に母親が描かれている映画です。

舞台女優のアリアンを演じていたニコール・ガルシアは監督・脚本家としても活躍している方で、マリオン・コティヤール主演の『愛を綴る女』などの監督作があります。

この方がとても雰囲気のある方で、惹きつけられました。まさしくパリのマダム。素敵です。

母との関係に「なんだかなあ…」と感じることのある方には、ぜひ観ていただきたい映画です。

パリへ飛んだような気分になる102分の小旅行、お楽しみください!

プライムビデオ登録はこちら

-映画
-