映画

前作を踏まえてパワーアップ!映画『トップガンマーヴェリック』

※アフィリエイト広告を利用しています。

毎日お疲れ様です! yolicoです。

トム・クルーズ主演の『トップガン マーヴェリック』がAmazon Prime Video で無料視聴できるようになりました。

前作の『トップガン』も観てから、記憶を呼び起して準備周到に鑑賞しました。

海軍パイロットのトップとして30年以上軍務に服してきたピート・”マーヴェリック”・ミッチェル(トム・クルーズ)は、今もなお勇敢なテストパイロットとして限界に挑み続けている。

しかしエリート卒業生グループを訓練するために”トップガン”に戻ったマーヴェリックは、過去の亡霊と向き合うことを強いられ、元パートナーである”グース”の息子ブラッドショー大尉(マイルズ・テラー)と対峙することに。

そして選ばれたパイロットたちが究極の犠牲を求められる特殊任務に挑む時、激しい対立が起こる。

Amazon Prime Video より引用

1作目から38年…続編が見られる喜び!

1作目の『トップガン』が公開されたのは1986年。今から38年前になります。

前作を劇場で鑑賞した、という人は現在まあまあ中年、と言うことになるのでしょうか。私もその一人です。

空母で働く人々を見て「カッコええなあ!」と感動し、AVIREXのMA-1とレイバンのサングラスが欲しくなり、戦闘機の速さに驚き、バイクをすっ飛ばすトム・クルーズにしびれる、というミーハーな衝撃を受けました。

感想が概ね幼稚ですみません…あの頃は世間知らずな22歳でした。

そして、2022年に36年ぶりの劇場公開という、ファンにとっては歓喜の2作目です。

今作もオープニングの空母のシーンは、やはりシブくカッコよく、よりクリアな映像に。

バックに流れる曲も前作と同じで、一気に血流アップ!大興奮です。

プライムビデオ登録はこちら

俳優さん達が本当に戦闘機に乗り込んだ飛行シーン

見どころはいろいろあれど、やはり戦闘機の飛行シーンではないでしょうか。

訓練中のシーンですら迫力満点で、奇跡が2個起きないと成功しないと言われる作戦の実戦シーンは、まるでゲームのよう。手に汗握ります。

トム・クルーズはじめ役者さん達は本当に戦闘機に乗り込んでいるのだとか…

凄まじい重力がかかるシーンは、見ているこっちまで息苦しくなってきます。

作戦上の「起こさなければいけない2個の奇跡」は、『スターウォーズ』の1作目を彷彿としたのは私だけでしょうか?

そして、作戦の後半あたりは『ミッションインポッシブル』か⁉︎ とツッこみたくなったのは私だけじゃないと思いたい!(笑)

とにかく、飛行シーンは前作よりもめちゃくちゃパワーアップしていて、迫力ハンパないです!

前作を踏まえつつ、前作を超える胸アツ映画

36年ぶりの続編ですが、前作を踏襲しているシーンがいろいろあってよかったです。

前作では、訓練生たちがビーチバレーをしているシーンで拝めた素晴らしい肉体美が、今回はあの競技で!

もちろん、美しい身体の眼福いただきました。

バーでピアノを弾いてみんなで歌うシーンも、前作にありましたね。

今回ピアノを弾いていたのはマイルズ・テラーという俳優さんで『セッション』という映画では、激しくドラムを叩いておられました。

あの映画では可愛い男の子、というイメージでしたが、今作ではヒゲも生えてて、逞しくなっていました。

前作でピアノを弾いて歌っていたのは、彼のお父さんだったというのが感慨深いです。

前作では、マーヴェリックの恋のお相手は【トップガン】の美人教官でしたが、今作では元カノのペニー(ジェニファー・コネリー)。

二人のシーンはどれも素敵で絵になるし、クスッと笑えるところもあり。

船(ヨット?)に二人で乗っているシーンはカッコよし!です。

ラストでレディー・ガガの主題歌が流れますが、伸びやかな歌声に合った美しいシーンでした。

前作では【トップガン】に女性はいませんでしたが、今作には優秀な女性パイロットがいて感動。

次回作では、空母で働くシブい面々の中に女性がいるといいなあ…

続編を期待してしまうファンの願いでした。

まるで戦闘機に乗り込んでいるような125分の小旅行、ぜひお楽しみください!

-映画
-